会長・名誉院長あいさつ

大塚病院 院長 大塚直純 大塚病院は、大正7年に祖父大塚眞実が西都市に開業したのが始まりで、父大塚皎佑に受け継がれ、その後、私大塚直純が病院を改築、昭和54年8月に院長に就任いたしました。

平成17年6月1日からは、「医療法人社団 大和会(ダイワカイ)大塚病院」となり、理事長に就任いたしました。

平成22年4月からは、形成外科・美容外科の常勤医師も加わり、より充実した診療体制となっており、西都市はもとより周辺市町村からも多くの患者様に受診していただいております。

私達大塚病院スタッフ一同は、何よりも患者様への暖かく思いやりのある看護を目指し、また西都市や周辺市町村の皆様方の健康保持を考え日々切磋琢磨していきたいと思っています。

院長略歴

昭和32年3月 西都市立妻中学校卒業
昭和35年3月 宮崎県立妻高等学校卒業
昭和43年3月 昭和大学医学部卒業
昭和43年4月~昭和51年1月 鹿児島大学附属病院第一外科入局
昭和51年1月~昭和53年4月 鹿児島大学附属病院助手(文部教官)
昭和54年8月 大塚病院院長に就任
平成17年6月 医療法人社団 大和会 大塚病院 理事長に就任
30年7月 医療法人社団 大和会 大塚病院 会長・名誉院長に就任

所属学会・認定医

医学博士取得  テーマ:大腸ポリポーシスの癌化率について
            (とくにその部位別検討と単発ポリープとの比較)

社団法人日本外科学会認定医
日本消化器外科認定医
マンモグラフィ読影認定医
日本医師会検定健康スポーツ医
日本医師会認定産業医

その他の活動

西都市立妻中学校校医
西都警察署嘱託医
警察官友の会 西都支部会長
西都市陸上競技協会会長
全日本病院協会理事
西都市スポーツランド推進協議会副会長
西都市Jリーグサッカー協会部会 部会長
西都市ソフトテニス連盟副会長
宮崎県立妻高等学校聖陵会会長
宮崎県警察医会会長

このページの先頭へ